「平均寿命」に表われる首都圏の居住地格差

この文章は、「東京23区の格差を縮小していた東大入試(改訂版)」「佐野眞一「ルポ下層社会」の後始末」「準拠集団・学歴社会・「社会国語力」」等の文章と関連性があります。

市区町村別の「平均寿命」から、居住地格差を抽出する一方法

この文章では、市区町村別の「平均寿命」から、居住地格差を抽出する方法を提案する。市区町村別の「平均寿命」のデータとして用いるのは少し古くなったが、以下である。厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課による「平成22年市区町村別生命表の概況」(URL)ページからリンクされている、「2概況 - 04」(URL)」中の「統計表1 市区町村別平均寿命」、これを用いる。これは事実としての「平均寿命」ではなくて、判明しているデータに基づいて推定された「期待値」である。

筆者は統計的手法にはまったく不慣れである。そのこともあって、次のような考えに基づいて、かつ、量的な程度の判断に対してはいくぶん恣意的な基準を設け、そのうえでこのデータから格差を抽出していくことにする。

  1. 欧米のような階級や民族による格差は、日本では注目されづらくまた抽出も難しい。そのためこれらに匹敵する、日本人にわかりやすい変数として「居住地」に注目する。
  2. ある市区町村の男性の平均寿命と女性の平均寿命の「首都圏内順位」が近い場合、その平均寿命は市区町村の「地域的特性」と相関している可能性が高い。
  3. 平均寿命が近い二つ以上の市区町村が地理的に隣接している場合、その二つの市区町村の平均寿命は、「地域的特性」と相関している可能性が高い。
  4. 日本の場合、平均寿命と相関しているだろうと予想できる「地域的特性」の根幹には「自然災害リスク」というものがある。

…と、このような考えに基づいて、まず男女の平均寿命の「首都圏内順位」がある程度近接している市区町村を抽出し、次いでこれらを「平均寿命が近い、地理的隣接関係にある複数の市区町村のグループ」に分ける。もちろん、このような考えに基づく抽出は、市区町村の区切り自体が「地域的特性」を消去するような仕方で行なわれている場合には、全く無効である。たとえば、高台と低地の地域が半々くらいになるように「市」や「区」を設定してしまえば、そういった抽出では、標高に起因する特徴は把捉されない。しかし、そういう場合が一定程度成立していることは確かであろうが、それでも、そうでない場合もまた多いだろう。そのため、多少雑駁であるが巨視的な図柄をある程度描き出すことは、なんとか可能であるだろう。

調査対象とする市区町村は、東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県の各市区町村とあと、茨城県の取手市とする。取手市を入れる理由は、「難関中学に合格した生徒数が多い公立小学校」が、首都圏と同レベルで1980年代には存在していたことが確認されているからだ。これで市区町村の数は251となった。男性と女性の平均寿命ごとに別々に順位を算出する。そして、男性の順位と女性の順位との差が「40位」以内の市区町村だと、「男性と女性の平均寿命の順位が近い」と見なすこととする。このような基準で、「男性と女性の平均寿命の順位が近い」市区町村を抽出する。

「男性と女性の平均寿命の順位が近い」市区町村を、男性の順位と女性の順位とを単純に平均して、「平均寿命の平均順位」なる架空の数値を算出する。つまり男女比などは考慮しないというやり方をとり、まるで男女が正確に半々であるかのように見なし、調査の簡便化を図るのである。

そして、今度は市区町村ごとのこの「平均寿命の平均順位」が、差が「約30位」以内でありかつ、地理的に隣接している市区町村というグループを見つけ出し、隣接している市区町村どうしで「グループ」として一括する。その際、厳密に30位以内だと意味のある組み合わせが多少漏れるという場合があったので、少しだけ基準を緩めて「30位+アルファ」以内としたのである。

このようにして見いだされたグループ内での「平均順位」を算出する。市区町村ごとの人口の違いなどは一切考慮せず、まるで各市区町村が人口が皆同じであるかのように見なして単純に市区町村ごとの「平均寿命の平均順位」を足し合わせ単純に平均する。このようにして「平均寿命の平均順位の平均順位」というまったくもって架空のような数値を算出する。

全体で251市区町村なので、目安になるように、50位ずつ区切る。このグループごとの平均順位が50位までの群を「特に平均寿命の長い市区町村」、50位未満から100位までの群を「やや平均寿命の長い市区町村」、100位未満から150位までの群を「平均寿命が普通の市区町村」、150位未満から200位までの群を「やや平均寿命が短い市区町村」、200位未満から251位までの群を「特に平均寿命が短い市区町村」と仮に命名しておく。

「平均寿命」が地域特性と合致していると見なしうる市区町村のグループは、これだ!

結果を次にまず羅列する。

「特に平均寿命の長い市区町村」として抽出されたグループは以下の通りである。

特に平均寿命の長い市区町村グループ1
東京都杉並区 2位
東京都目黒区 5.5位
東京都世田谷区 9位
特に平均寿命の長い市区町村グループ2
横浜市青葉区 3位
横浜市都筑区 5位
川崎市宮前区 6.5位
川崎市麻生区 7位
川崎市多摩区 10.5位
町田市 17位
横浜市緑区 23位
横浜市港北区 27.5位
特に平均寿命の長い市区町村グループ3
小金井市 12.5位
東久留米市 17位
小平市 21位
国分寺市 23位
三鷹市 25位
武蔵野市 35.5位
西東京市 37.5位
国立市 37.5位
特に平均寿命の長い市区町村グループ4
横浜市泉区 12.5位
横浜市戸塚区 19位
横浜市港南区 19位
横浜市金沢区 21位
三浦郡葉山町 23.5位
鎌倉市 26.5位
横浜市栄区 30.5位
横浜市旭区 31.5位
藤沢市 37位
逗子市 42位
特に平均寿命の長い市区町村グループ5
柏市 20.5位
白井市 40位
流山市 46.5位
特に平均寿命の長い市区町村グループ6
さいたま市浦和区 31.5位
さいたま市大宮区 57.5位
特に平均寿命の長い市区町村グループ7
座間市 37.5位
相模原市 45.5位
綾瀬市 45.5位
愛甲郡清川村 46.5位
愛甲郡愛川町 62位

「やや平均寿命の長い市区町村」として抽出されたグループは以下の通りである。

やや平均寿命の長い市区町村1
中郡大磯町 59位
平塚市 68位
やや平均寿命の長い市区町村2
南埼玉郡白岡町 72位
南埼玉郡宮代町 80.5位
やや平均寿命の長い市区町村3
さいたま市北区 72位
さいたま市緑区 74位
さいたま市見沼区 83.5位
やや平均寿命の長い市区町村4
成田市 74位
印旛郡栄町 80.5位
やや平均寿命の長い市区町村5
東京都中央区 76.5位
東京都千代田区 84.5位
東京都港区 106位
やや平均寿命の長い市区町村6
大和市 82.5位
横浜市瀬谷区 97.5位

「平均寿命が普通の市区町村」として抽出されたグループは以下の通りである。

平均寿命が普通の市区町村1
長生郡大多喜町 94位
君津市 122位
平均寿命が普通の市区町村2
比企郡川島町 98.5位
坂戸市 122位
鶴ヶ島市 127位
平均寿命が普通の市区町村3
東京都豊島区 135位
東京都中野区 145.5位
平均寿命が普通の市区町村4
ふじみ野市 137位
富士見市 152位

「やや平均寿命が短い市区町村」として抽出されたグループは以下の通りである。

やや平均寿命が短い市区町村1
北葛飾郡杉戸町 143位
春日部市 170位
幸手市 174位
やや平均寿命が短い市区町村2
香取市 158.5位
山武郡芝山町 159位
香取郡多古町 174位
やや平均寿命が短い市区町村3
鴨川市 160.5位
勝浦市 188.5位
やや平均寿命が短い市区町村4
鴻巣市 170位
北本市 188.5位
やや平均寿命が短い市区町村5
三郷市 174位
吉川市 186位

「特に平均寿命が短い市区町村」として抽出されたグループは以下の通りである。

特に平均寿命が短い市区町村1
西多摩郡瑞穂町 202位
福生市 204位
特に平均寿命が短い市区町村2
児玉郡美里町 191.5位
秩父郡長瀞町 197.5位
本庄市 212.5位
秩父郡皆野町 223.5位
特に平均寿命が短い市区町村3
川口市 197位
東京都北区 216.5位
鳩ケ谷市 220.5位
特に平均寿命が短い市区町村4
行田市 215位
羽生市 215.5位
熊谷市 216.5位
加須市 226位
特に平均寿命が短い市区町村5
秩父郡横瀬町 202位
秩父市 234.5位
児玉郡神川町 234.5位
特に平均寿命が短い市区町村6
横浜市南区 227.5位
横浜市中区 233位
特に平均寿命が短い市区町村7
東京都墨田区 224位
東京都台東区 231位
東京都江東区 234位
東京都江戸川区 234位
東京都足立区 235.5位

寿命格差は行政区分では把捉しきれない

上掲の結果の活用のしかたはさまざまであろう。筆者も特段の名案があるわけではない。上掲の結果をみてただちに看て取ることのできる点を一点だけ指摘する。それは「地域的特性」に起因する「寿命の格差」というのは、行政区分では把捉しきれない、ということである。たとえば次のような群である。

特に平均寿命の長い市区町村グループ2
横浜市青葉区 3位
横浜市都筑区 5位
川崎市宮前区 6.5位
川崎市麻生区 7位
川崎市多摩区 10.5位
町田市 17位
横浜市緑区 23位
横浜市港北区 27.5位
特に平均寿命が短い市区町村3
川口市 197位
東京都北区 216.5位
鳩ケ谷市 220.5位

これらの群をみてわかることは、このグループの存在はもし「都道府県別」に別々にカウントしていたら判明しなかった、ということである。前者のグループでは「町田市」だけ東京都だから入らなかっただろうし、後者のグループでも、「東京都北区」と「川口市+鳩ケ谷市」とで別々にまとめられてしまう。

同じことは政令指定都市の区分でも言える。前者のグループをもし、「横浜市」と「川崎市」で別々に算出していたら、きわめて重要な地域的特性を見逃すことになる。

このような見逃しが実際に行なわれているのが、「東京23区の格差を縮小していた東大入試(改訂版)」でも参照した東大が行なっている「学生生活実態調査」の集計である。たとえば『学内広報No.1277』の巻末の「IV-表 現在の居住地」では、東大に在学する自宅生の居住地を「横浜市」「川崎市」などと別々に合計している。この調査には独自の目的もあるだろうから文句を言ってもしかたがないのだが、少なくともこのやり方だと「寿命の格差」と関係するような格差の実態は把捉できない。なぜなら「特に平均寿命の長い市区町村グループ2」のように横浜市(の一部)・川崎市(の一部)・東京都町田市とが一体となった地域というものに、それが表われているからだ。

実を言えば最初にも少し述べたが、市区町村の区切り自体もしばしば事態を不明瞭にしている。たとえば高台と低地とが半々になるように市区を区切れば、そこからは「標高」に起因する特徴は消滅する。だから今回の調査では「市区町村の区切り」が「意味のある」区切りになっているような市区町村をまず選抜する必要があった。その基準として「平均寿命の首都圏内順位が男性と女性とである程度近い」というものを用いたわけだ。これと同じことが、より大きな区切りでも言える。たとえば「横浜市」と「川崎市」とで別々に集計して合計することによって、何が把捉され、何が見逃されるのか、ということに社会調査は意識的になるべきだろう。

同じことは東京23区を小グループに分割するときにも言える。先の東大の学生生活実態調査では、台東区と豊島区とを一緒のグループにしていたり、中野区と杉並区とを一緒のグループにしていた。しかしこと「寿命の格差」という観点に限れば、このグループ化には意味がない。むしろ重要な特徴を見失わせる可能性がある。反面、千代田区と中央区と港区とを一緒のグループにすることには、「寿命の格差」という点からは意味があると言える。これは単なる一例だが、寿命の格差からわかる地域的グループが多少でも判明すると、既存の社会調査でのグループ化という操作に対して、一定の距離を置くことができる。

平均寿命順位が大きく異なるグループが隣接しているケースがある

結果をみて今一つ気づくことは、平均寿命順位が大きく異なるグループが隣接しているというケースがあることだ。もっとも極端なのは、おそらく次の隣接関係である。

特に平均寿命の長い市区町村グループ4
横浜市泉区 12.5位
横浜市戸塚区 19位
横浜市港南区 19位
横浜市金沢区 21位
三浦郡葉山町 23.5位
鎌倉市 26.5位
横浜市栄区 30.5位
横浜市旭区 31.5位
藤沢市 37位
逗子市 42位
特に平均寿命が短い市区町村6
横浜市南区 227.5位
横浜市中区 233位

上記の極端な隣接分断は、地図を素人が眺めてもおそらく発見することができない。「海側の地域」か「高台にある地域」かという区分よりも、いくぶん、見かけではわからない地域的特性によるものだろうと思われるからだ。

ここまで極端ではないが、次の二つのグループの隣接関係も重要である。

やや平均寿命の長い市区町村5
東京都中央区 76.5位
東京都千代田区 84.5位
東京都港区 106位
特に平均寿命が短い市区町村7
東京都墨田区 224位
東京都台東区 231位
東京都江東区 234位
東京都江戸川区 234位
東京都足立区 235.5位

ここで「東京23区内の東西格差」という話題がなぜ取り上げられやすいのか、の理由の一端が掴める。それは上で示したような隣接関係に言及する際、すべて「東京特別区」だけを用いて提示することができるから、というものだ。対照的に、先の神奈川県の隣接関係ではそうでなかった。すなわち「特に平均寿命の長い市区町村グループ4」には横浜市だけでなく、鎌倉市や葉山町などが含まれている。またこれらは青葉区あたりとは異なり、「いわゆる横浜都民」というわけでもない。東急沿線の横浜市だと「あれは横浜とは別」と認識できても、それ以外の横浜市はたいていの人はよく知らないのである。だからこれでは話がわかりやすくない。わかりやすくない話には人は飛びつかないのである。

より一般的に言って、「名前の無いもの」を把捉し考えることは、人は概して不得手である。東京23区内の格差に言及するときには、「山の手」「下町」といった「名前」が仮にもある。だが、他の地域を示す場合、概して適切な名前など無いのだ。あるいはむしろミスリードするような名前すらある。たとえば「多摩ニュータウン」と「多摩田園都市」とを混同していた社会学者がいたが、これなどはその一例である。行政区分というのも名前の一つである。行政区分自体が最初から格差を隠蔽しようとして行なわれ命名された場合、その裏をかいて事柄を明確にすることは難しい。

寿命格差と関係のありそうな変数の一つに「大手証券会社の営業所」と「進学塾の校舎」の両方があるか、否か、がある

寿命格差と関係の深い変数にどのようなものが想定可能か、を考えてみた。筆者が思いついた一つの候補は「大手証券会社の営業所」と「進学塾の校舎」の両方があるか否か、というものだ。大手証券会社として、野村・大和・日興の3つをとりあげ、進学塾はめんどうなのでサピックスの小学部(中学受験)と中学部(高校受験)のみとりあげる。結果もあまり詳しく語らず、ごく大まかに、「人の口にのぼりやすい」ような話だけする。

「特に平均寿命の長い市区町村のグループ」には、非常に多くの「証券会社とサピックスの両方がある都市」が存在している。たとえば荻窪や自由が丘や二子玉川や成城学園や青葉台やたまプラーザや新百合ヶ丘や町田や日吉や吉祥寺や鎌倉や柏や大宮である。ところが、「特に平均寿命の短い市区町村のグループ」にはこのような都市が見当たらない。川口や赤羽や上野や北千住や錦糸町や亀戸には証券会社はあるが、サピックスの校舎は無い。このグループでサピックスの校舎がある場所は、王子と豊洲である。ここには大手証券会社の営業所は無い。このように、特に平均寿命の長いグループと短いグループとでは以上述べた違い方が見られる。そして、それよりも中間的なグループでの結果がこれを量的に覆すということも無い。

上記の「発見」が何かを意味するかはにわかにはわからない。あくまで仮説的な話をするなら、こうだ。上記の「荻窪や自由が丘や二子玉川や成城学園や青葉台やたまプラーザや新百合ヶ丘や町田や日吉や吉祥寺や鎌倉や柏や大宮」のうち大宮と鎌倉は少し別にしたほうが良いかもしれないが、他は次のことが言えるだろう。これらの都市というのは「オフィス街」のなかに証券会社を設置したという都市ではない。むしろ、「住宅街の中に商店街や証券会社や進学塾が埋め込まれた都市」だと思った方が良い、これである。要するに、これらの都市に証券会社が設置されているのは、そこがオフィス街だからというのではなくて、周辺居住住民が裕福であるから、なのだ。そして、そこには小中学生が通塾する進学塾の校舎も安心して設置することができる。なぜなら住宅街の中にできたこれらの都市は繁華街では(あまり)ない、からだ。のみならず、進学塾の校舎を設置して元がとれる程度に「交通」も便利である都市だ。なお、この仮説は、大手都銀の分布を調査することでより精密化することが可能だろうが、それは今はめんどうなので、しない。

あとこの結果のうち米軍基地のある「綾瀬市」がなぜか「特に平均寿命の長い市区町村グループ7」に加わっている理由は、以前にも述べたが相変わらず不明である。「耳の遠い老人ならば米軍基地の近隣に居住していても苦痛ではないので寿命に影響しない」かつ「自然環境はおそらく良い」という変な仮説くらいしか思い浮かぶものがない。

以上、相当雑駁であるが、ググってすぐに登場するようなサイトに書かれているものよりは、より現実的で重要な話をしたつもりである。