知られていなかった、中学受験実績が高くて住民平均寿命の長い地域

はじめに

1980年代に中学受験の難関男子校への合格実績の高かった「地域」の多くは、2010年代には「住民平均寿命の長い地域」でもあった。1980年代に子供に中学受験をさせた親世代は2010年代にはまだ70代くらいなので、寿命に直接の関係があるわけではあまりないだろう、だが、自分の子供に中学受験という有利な投資を行なうような者が老後の生活を送るのに選考しがちな居住地域というのには、ある程度持続性があり「時代を問わず一定の人気」があることだろう、そのために上記の関連性も生じたのだろう、と推測はできる。

つまりこういうことだ。1980年代に子供に難関中学受験を受験させ合格もさせた保護者というものは、ある程度以上の割合で、特定のタイプの地域に住みがちであった、とまず言える。他方、その同世代の者のうち、平均寿命が長くなりそうな者が老後の生活を送るのに選びがちな地域というものがある、…と、これも言える。この両者は同世代だが、同一人物である必要は別にない。肝腎なのは、その両者がともに居住地域として選びがちな地域というのはかなり重なっているということだ。と言っても、多くの者はそこには住みたくとも住むことなどできなかっただろう。なので、結局「そこに住みたいと願い、しかも実際に住むことができる程度の能力のある」者、ということになる。

このような地域がいったいどこの地域に該当するのかは、21世紀に入って社会上の種々の格差が問題となるまでは、多くの人には知られていなかった。知られていなかったというのはどういうことかと言うと、その地域に住みたくて住むことにした者にとっても、「その地域が中学受験や平均寿命の点で有利だから住みたいのだ」という理由はあまり存在していなかった、ということだ。つまり全然別の理由でそこに住み、子供に中学受験をさせ、あるいは老後を送ったわけだ。ただしもちろんある程度の経済力などがなければ到底できないことだから、その点ですでに選ばれた人達ではある。だがいずれにせよ、その地域が有利だからとか、選ばれた人しか住めないから、という理由ではなしに住んでいたのだが結果的には有利だった、というわけだ。それが「知られていなかった」ということで筆者が言わんとする内容である。

有利さが知られていなかった理由の一つは、上記のような有利さの当事者であるような「親世代」には、団塊世代よりやや年上が多いため言論の世界での影響力の大きい者があまり多くないことと、「子供世代」が団塊ジュニアと呼ばれがちな世代の上のほうが主であり、これもまた言論の世界での影響力の大きい者が多いとは決して言えないこと、という事にもある。要するに出版や報道といった言論の世界で流通していない、というわけだ。あるいは、そうでない世代の見解が言論として流通している、ということだ。なので、ここでは「言論の世界で影響力の大きい世代」の共通体験からくる見解を多少修正する必要が出てくる。なので、それを適宜修正するような形で以下述べていきたい。

まず確認、中学受験実績が高くて住民平均寿命の長い地域はここだ

「東大に合格者を結果として多く出した」高校のうち、中学受験枠のある男子校に1980年代に多く合格していたと言いうる地域は、以下のようになる。つまりこれらの地域の公立小学校の生徒が難関中学に多く合格していたということだ。詳しいことは、関連コンテンツである「「東大に多く合格する高校の付属中学」に80年代に多く合格していた公立小学校の分布」「資料:1980年代男子中学受験「本命校」「併願校」合格者数の地域分布」「東京23区の格差を縮小していた東大入試(改訂版)」も参照したほうが良い。これらから単純計算すると上位から順に、おおむね以下の管轄警察署の域内になる。

「青葉(横浜市)」「玉川(世田谷区)」「町田(東京都)」「成城(世田谷区)」「港北(横浜市)」「北沢(世田谷区)」「野方(中野区)」「石神井(練馬区)」「目黒(目黒区)」「高井戸(杉並区)」「世田谷(世田谷区)」「杉並(杉並区)」「麻生(川崎市)」「柏(千葉県)」「田園調布(大田区)」「荻窪(杉並区)」「宮前(川崎市)」「中野(中野区)」「三鷹(東京都)」「碑文谷(目黒区)」「練馬(練馬区)」「武蔵野(東京都)」「田無(東京都)」「市川(千葉県)」「志村(板橋区)」「調布(東京都)」「戸塚(新宿区)」「代々木(渋谷区)」「池上(大田区)」

また、調査対象が四谷大塚進学教室の生徒であり、これが東京に本拠地を置くために、神奈川県の合格者が実際よりかなり少なめに出てしまう。だが、上記のリストに次ぐくらいのランクには横浜駅より西南に位置する地域もいくつか登場することになるのである。また日能研などの横浜拠点の塾のデータがもしあれば、横浜駅より西南の地域も増加することが充分予想できるのである。その点を付記しておく。

一方、2010年代頃に「住民の平均寿命」が高いと言いうる地域を、筆者はすでに多少抽出している。「「平均寿命」に表われる首都圏の居住地格差」を参照すると良い。そこから、平均寿命が高い地域群として次のものを指摘可能である。

すると、この両者で重なっている領域がずいぶんとあることに気づく。以下の地域は重なっていると言えそうだ。また、その隣接地域が中学受験合格者の数でもそれと連続する地域になっている場合があるとも言える。

これらのうち、「目黒区」「世田谷区」あたりならさすがにそうでもないが、他の地域の場合、「中学受験」や「平均寿命」の点で有利な者が多く住む地域である、ということはさほど知られていなかった。結果的にその恩恵を蒙った層も、多くの者はそれを特に目指してそこに居住したというわけではなかった。まして、「その地域に住むと中学受験や平均寿命の点で有利になる」という因果関係めいたものが成立するわけでも(必ずしも)ない。そのように筆者は述べてみたいのだ。

中学受験の消極動機は意識されやすい

あらためて確認しておく。首都圏の中学受験で神奈川県や千葉県で目立って盛んな理由の一つとして、「とにかく地域の公立中学に子供を行かせたくない」という消極的な動機の存在がけっこう無視できない。神奈川県の場合なら、高校受験の「神奈川方式」(神奈川方式 - Wikipedia)を子供に経験させたくない、という動機がかなり強いはずだ。千葉県の場合なら、管理教育からの逃避動機がやはりかなり強いはずだ。「管理教育 - Wikipedia」を参照すると、次のような記載がある。「1980年代から1990年代前半、「東の千葉、西の愛知」と呼ばれる管理教育の雄として有名だった。」「特に松戸市、柏市などの東葛地域北部で校則が厳しく、とりわけ野田市、流山市、我孫子市などでは全ての中学校で丸刈りを強制する校則があった。」。こういった地域から難関中学にたくさん合格しているからといって、ただ単に上昇志向が強かったとか、恵まれた階層の人がたくさん住んでいた、とだけ指摘するのではやはり当事者の納得は得られないだろう。こういう地域の住民にとっては、「自分の子供を不幸せにしないために精一杯だった」というような感想こそが中心にあるのかもしれないからだ。だが、いずれにせよ、これら地域からは、他のほとんどの地域よりも有利であるかのように難関校にたくさん合格していたこともまた事実ではある。その両面を見なければならない。当事者の認識だけに頼ると、往々にして消極動機のほうが強く意識され、その地域に住むことが可能であるような層の「有利さ」のほうはあまり意識されないことにもなる。

「東京23区の西部」に高学歴者が多い、という言説の実際

教育上の格差が東京23区内の格差という形をとり、他の地域における格差よりも重大であると信じている人がおそらく多いはずだ。というか、そうでないと2019年にもなっても未だに「東京23区内の教育や居住地の格差」ばかりが話題になっている理由が説明がつかない。しかし、多くの人が信じているはずのこの信念はいくぶんミスリードである。

この信念は、ある程度以上過去の時代ならばそれほど的外れでもなかった。たとえば1952年度生まれの四方田犬彦が『ハイスクール1968』(新潮社,2008)(amazon)で以下のように述べるとき、1960年代であればこの言い方は適切であったという事態がうかがえる。p19。教育大附属駒場高校(現:筑波大附属駒場高校)の生徒に関するコメントである。

(前略)附属中学組の多くは、世田谷区や杉並区、渋谷区、目黒区、さらに大田区といったぐあいに、東京の西半分にある住宅地に住む、いわゆる中産階級の子弟だった。父親の職業のほとんどは会社員か公務員、教師であって、母親が教育熱心であるところが共通していた。高校合格組は数こそ附属中学組に若干劣ってはいたが、その多様性においてはそれをはるかに凌いでいた。彼らは東京の二十三区内はもとより、中央線沿線の国立や国分寺、さらには横浜や千葉といった遠距離からも、満員電車に乗って平気で登校してきた。(後略)

ここに1960年代の出来事として書かれているような「名門中学の生徒の居住地」が「東京23区の西部」に「偏っている」とでもいうような指摘というのは、時代がどんなに変わっても、人々をよほど飽きさせない何かがあるようだ。なので、この四方田の指摘と大して変わらないような内容の「教育格差」や「居住地格差」を話題にしているサイトは今でも全く主流である。国分寺や国立といった東京市部や、神奈川県・千葉県なども含めた格差を話題としてとりあげるようなものは、めったにお目にかかれない。多くの人々もそういった郊外の格差にはまるで関心が無いかのような書き方のものばかりが目に付く。

なので、筆者としては大変に心外なのだが、これらの地域と同じくらいに横浜市にも、東京の名門中学に通う子供が多数いるような地域というのが実はあるのだという言い方をせざるをえない。「横浜」という居住地や通学時間は、東京の学校に通っている生徒の「多様性」の証では、もはやなくなったのである。

1980年代に「筑波大附属駒場中学への合格者」が多かった地域というものを、筆者の調査で判明・抽出しているデータで、その上位を「警察署の署域」で示す。

「青葉(横浜)」「玉川(世田谷)」「目黒(目黒)」「中野(中野)」「港北(横浜)」「世田谷(世田谷)」「成城(世田谷)」「高井戸(杉並)」「北沢(世田谷)」「野方(中野)」「練馬(練馬)」「宮前(川崎)」「杉並(杉並)」「町田(東京)」「武蔵野(東京)」「三鷹(東京)」「代々木(渋谷)」「荏原(品川)」「田園調布(大田)」「荻窪(杉並)」

ここに挙げた地域は、先に挙げた「中学受験難関男子校への合格者数が多い地域」や「平均寿命の長い地域」ともある程度重なっている。これらの地域は、いくら山手線から少しくらい遠かったり、他県であっても、もはや「多様性」のある地域とは言い切りにくい、ということになろう。人々が東京23区内の教育格差・居住地格差に夢中になっている現在より20年以上以前から、その格差はとうに郊外をも大幅に含むものになっていたのである。そして、これは多くの人に未だに知られていないはずの事柄なのだ。

たとえば、横浜市の青葉区に代表される「多摩田園都市」と東京都多摩市の「多摩ニュータウン」とをちゃんと区別しないで、同列・同格のようにして紹介したり記述したりする文章などが、ある。これらは郊外格差の認識の妨げになりやすい。かつ、このような紹介のしかたをする人自身が、郊外を含む格差状況に気づいていない証拠でもある。あるいは「東京二十三区」と「それ以外」で截然と区別するような態度もまた見られる。これらの態度から来る言論も郊外格差の認識の妨げになりやすい。…と、そのようにも指摘可能だろう。

「名門校の生徒は居住地が住み分けられている」という言説の実際

1977年の開成高校生殺人事件を取り上げた、本多勝一『子供たちの復讐』(朝日新聞社,1989)(amazon)では、当時としては意外なほど踏み込んだ話題にもふれられている。「開成高校と麻布高校とで生徒の居住地が全く異なる」という話題である。たとえば「特殊な例が珍しくない」という、開成高校生の対談を本多勝一が司会した座談会でもその話題が話された。ここには一つの、ミスリードの萌芽がある。p222-223

L
(前略)うちの学校とA高が合わないというのは、校風だけではなくて、たとえばこの前の現代国語の時間に知ってあれでちょっと“あせった”んですけれど、生徒の居住地が全然ちがうんですね。品川区とか世田谷区とかが開成にはいないんです。
K
世田谷はいるけど少ない。だけど全然いないんです。港区とか品川区とかが。大田区はいる。すごく面白いんですけど不思議なくらいいないんです。山の手高級住宅族が。
本多
そういうもんですかね。
L
やっぱり入ってくるところで選び方というのが違うのではないかな。よその学校を変なふうに言うのも気がひけるけど、A校というと「すごい名門」という感じがするでしょう。開成とは別の意味で。
本多
そうですか。私は高校卒まで長野県から外へほとんど出ないので、都会のそういう事情にはうとくて知らないんですよ。
L
A高は、どっちかというと“上流”が行く。ブルジョアという感じ。
(中略)
本多
それにしてもそんなに地域的に分かれているのですか。
K
不思議なくらい。
本多
それは意外だな。

この箇所を、同じ書に収録された「“特殊”か“一般”か“象徴”か」という朝日新聞記者たちによる座談会での、次の箇所と関連付けて読む読者が多いはずである。p193-195。強調は原文では傍点。

大熊
開成のことでもうひとつ。開成の生徒にせっぱつまった感じが他の学校よりあるとすれば、A校やM校にくらべると、開成の生徒の家庭の方が所得が少し低いことに起因しているのではないかとも思うのですがね。こんな点でも本人に対する親の圧力、あるいは親のあせりが出やすい階層にあるのではないか……。
(中略)
本多
たしかにそれほど貧困ではありませんね。貧困ではないけれど、「ブルジョア的な」という意味でくらべると、そういう階層は開成の方が少ないということはいえるのでしょう。
佐田
そういう階層の問題が、現在の日本の教育問題の根本にある、と私は思いますね。今の日本では、「勉強ができる」ということがその人自身の将来の繁栄の約束になるわけです。「勉強ができる」ことが「実益」になる。そして、勉強「でしか」その実益を得られない階層というのが、実は開成ばかりでなく、かなりの部分でそうなわけです。A高とかM高とかの階層は、勉強ができなくても、親の資産とか、家柄とか、血筋とかで食っていける層がかなりいる。しかし、もうちょっと下の階層になると、自分の「頭」、「勉強」でしか立っていけないというような、ある種の「立身出世志向」みたいなものがある。(後略)
(中略)
佐田
だから、日本の新聞社と教師を克明に分析したら、日本の教育、明治以来現在にいたる日本の教育の構図がかなりきれいに出る。それはまあそれとして、ともかく高校などで「勉強できる」ことだけが価値で、それでしか道が立てられないとなったらばそこで落ちこぼれたら大変です。開成みたいなところで落ちこぼれたら深刻なんですよ。A高では、落ちこぼれてもオヤジの資産があるとか会社があるとかで、まだ気が楽なんですよ。

…とこの二箇所を併せ読んだ読者の脳裏には、「麻布高校=ブルジョア/開成高校=それより少しだけ貧しい」という図式とワンセットになった形で、「麻布の生徒が多い裕福な居住地/開成の生徒が多い少し貧しい居住地」という図式も出来上がっているはずである。だが、そこが少しミスリードなのだ。

実態に近い言い方はおそらく次のようなものになる。「麻布校の生徒が多い地域というものがある。一方、開成校は、“特定の地域に生徒が多い”という分布のしかたをしていない場合がそもそも多い。一部に目立つ例外はあるが、全体的にはそうだ。なので、首都圏が、麻布校の生徒が多い居住地域と開成校の居住生徒が多い地域とに分かれている、というふうにはなっていない。開成校は首都圏の全体からまんべんなく少しずつ生徒を集めている、という言い方をしたほうが実態に近い」。

また、「麻布校の生徒が多い居住地域がある」というほうも、誤解を招きやすい。これも先の筑波大附属駒場校と同じことが言える。かつてだったら、麻布校の生徒が多い地域も東京23区内の格差の一部として描くことができた。だが、1980年代には、その段階はもう終わっており、またしても「横浜市」を含む郊外がそのなかに大幅に含まれるようになった。なので、「麻布校の生徒が多い地域がある」といっても、それを「非常に限られた狭い地域」のようにイメージすると、間違いになる。その点も指摘しておく。

あとついでのことながら、開成の生徒が語る「品川区が山の手高級住宅族だ」というのが今となっては理解が難しすぎる。無論、美智子妃が品川区の生家から皇室に嫁いだことの記憶がまだ残っている時期だから出てきた発言なのだろう。だが、それと同じくらいにこの生徒は「品川駅周辺(高輪)が品川区に含まれる」ときっと誤解しているに違いない、と考えないと了解ができにくい発言でもある。「品川区」の理解も「山の手」の理解も、今になって見返すとなんだかだいぶわかりにくいのである。筆者がこの箇所で思い出したのは、山口瞳『江分利満氏の優雅な生活』で、戦前の「戸越」(現在の品川区)が高台の高級住宅街として記述されていたことである。この「戸越=高級住宅街」という認識も1980年代以降にはすでに「誤り」であると言ってよいだろう。だが、戦前の一時期には「正解」だったのかもしれない。それは、21世紀の今となってはまったく理解が難しい事柄なのである。

ここで、1980年代における麻布中学と開成中学の、それぞれの「合格者」の居住地の上位を概算的な「人数」も込みでまとめてみよう。両者の中学校での定員はほぼ同数であり、概算300人程度と見なして良い。そして5ヶ年の総計なので、「一学年の人数」はこれを5で割ったくらいだというのが目安になる。

麻布中学合格者居住署域上位: 「玉川(世田谷区)36人」「青葉(横浜市)34人」「目黒(目黒区)30人」「成城(世田谷区)28人」「港北(横浜市)24人」「町田(東京都)22人」「高井戸(杉並区)20人」「碑文谷(目黒区)17人」「杉並(杉並区)17人」「麻布(港区)16人」「高輪(港区)16人」「田園調布(大田区)16人」「北沢(世田谷区)16人」「宮前(川崎市)16人」「世田谷(世田谷区)15人」「荻窪(杉並区)14人」「三鷹(東京都)12人」「麻生(川崎市)12人」「新宿(新宿区)11人」「荏原(品川区)11人」
開成中学合格者居住署域上位: 「柏(千葉県)38人」「市川(千葉県)22人」「石神井(練馬区)18人」「北沢(世田谷区)17人」「目黒(目黒区)14人」「玉川(世田谷区)13人」「松戸東(千葉県)12人」「松戸(千葉県)10人」「本富士(文京区)10人」「我孫子(千葉県)09人」「浦和(埼玉県)09人」「高島平(板橋区)09人」「世田谷(世田谷区)09人」「練馬(練馬区)09人」「志村(板橋区)08人」「葛西(江戸川区)08人」「田園調布(大田区)08人」「町田(東京都)08人」

上記の人数で見比べると、麻布が「特定の地域に生徒が多数居住している」度合いに比べると、開成のほうがその「人数」「規模」自体も落ちるし、地域間の密集性も低いことが見てとれる。ここから巨視的な傾向として述べれば、開成中学合格者のほうが、「首都圏の全域にまんべんなく散らばっている」度合いが高く、特定地域からの合格者が多いという度合いが低い、と言えるのだ。つまり、「麻布校生の多い地域と開成校生の多い地域とで住み分けられている」という見方は少し的外れなのだ。

とは言え、無論、「開成の合格者が特に多い地域」というものを地域として指摘することも可能である。「柏」「松戸」「我孫子」といった常磐線沿線千葉県の周辺である。この地域は例外的に、開成の合格者の中で一定の割合を占めていて、地域密集性が強い。そして、開成と同レベルの他の学校への合格者はさして多くない。開成だけが多い。

柏に関しては、比較的最近出版された書籍で、「意外な」指摘がなされている。五十嵐泰正・開沼博編『常磐線中心主義』(河出書房新社,2015)(amazon)のp98-99。

ただ特筆すべきは、豊四季台団地に住む住民の生活水準と学歴・所得の高さを、鈴木が強調していることである。この描写は、本章の冒頭で紹介した柏の地価の安さや、それをもたらしているブランド力に欠けた地域イメージと齟齬があるようにも思われるが、柏の階層構造を経年的に調べていくと、実はかなり早い時期から柏の住民には高所得者層が多かったことがわかってくる。先ほど「柏の五年先」として名前の挙がった中央線(吉祥寺=武蔵野市)と小田急線(町田市)の沿線の街々に、高いブランド力を持つ東京の西南方向への郊外路線、東急田園都市線沿線の川崎市宮前区を加えて、柏市との階層性の比較を試みてみよう。下図は、五年に一度発表される住宅・土地統計調査から、各年次の調査における平均世帯年収の経年変化を比較したグラフである。

この四市区の中では最も都心への距離が近いために、若年単身世帯が多く住む武蔵野市が低めに出る傾向は勘案しなければならないものの、高度成長期を終えた七〇年代後半から、どの街もピークを迎えたバブル後の一九九三年を経て現在に至るまで、柏の平均世帯年収が、東京西部・神奈川北部の街々と同程度かむしろ上回る形で推移していることは、少し意外な感がある。東京西郊と比べた場合の柏の地価の相対的な低さを考えると、柏に土地や家を買った人々は買い物上手だったとも言えるが、柏の地域イメージやそれが反映された地価と、住民階層の実態とのギャップをみるにつけ、やはり常磐線という沿線の効果を思わざるを得ない。

というわけで、開成の生徒の最大多数が居住するとも言える柏市は、武蔵野市・町田市・宮前区と比べても良いような「高所得者の住む」地域であり、しかもそのことはあまり知られていなかった、ということが上掲書からは引き出すことができそうだ。

ただし、柏市やその周辺から開成の合格者が多いと言っても、全体的に見れば開成というのは「特定の居住地域の合格者が多い」というあり方からは、遠いほうだ。そして、柏市周辺が開成が突出して多いのも、開成以外の同レベル校がそれよりだいぶ遠いからであるだろう。また、開成の合格者が比較的多い地域が「開成の合格者だけが多く、他校の合格者は少ない」というあり方をしていることもあまりないのである。

この件に関して、もう一つ疑念とそれに対する推測を書いておく。疑念というのは、「開成には“下町”の居住者が多い」という、昔はときどき聞いたような風説であり、それに対する推測というのは、「開成に合格した後に、開成の比較的近所(“下町”)に転居する家庭が、ある程度まとまった数いるだろう」という推測である。「開成の合格者」には「下町」の居住者はそこまでは多くないと思えるが、「開成の生徒」にはそれよりいくぶんは「下町」の居住者が居るかもしれない、ということである。筆者がこう書ける自信の根拠は、生徒の居住地域と通学時間の「概要」を開成校自身がサイトで公表している結果と整合することにもある。そして、もう一つ「当事者」の発言もある。次の書籍の対談で開成の元事務長(大野弘雄氏)が次のように語っている。森上展安『10歳の選択 中学受験の教育論』(ダイヤモンド社,2009)(amazon)所収の「“開成学園70年体制”の成立事情」、p101-102。

大野
(前略)幸い開成は今言ったような交通の便が抜群に良くなって、今度は日暮里・舎人ライナーも通るようになった(2008年3月開業)。今の在学生でも沿線に200人くらいいるんですよ。東武線で北千住に出て乗り換えてこなくてはいけなかったから、不便だった。その問題も解決できました。

この発言単独だけなら、単純に「開成に入学するような生徒のなかで、足立区に住む子供がまとまった集団として存在している」と決めてしまっても良さそうだが(そこまで多いとは筆者は信じないが)、これともう一つ別の発言も見てから決めても良い。p100。千代田線の駅が当初の予定である日暮里駅ではなく、新駅である西日暮里駅に出来た、という頃(1970年に決定)からの話である。

森上
すごいですね、学校前に駅が作られたのは。
大野
画期的なこと。横浜や熱海からでも山手線でも京浜東北線でも乗り換えてすぐ来られる。そしたら、横浜の栄光や聖光を受験するような上澄みの生徒がどんと来る。JRと千代田線の両方の効果で優秀な生徒が北から南から来る。この頃から中学も高校も優秀な生徒が来るようになったんです。
森上
それは時代の流れに乗ったというか……。
大野
大きいですよ。2005年にはつくばエクスプレスができたおかげで、茨城の優秀な生徒も下宿せずに通えるようになった。江戸取(江戸川学園取手中・高等学校)が開成を恨んでいるという話も(笑)。

この談話にもあるように、開成の生徒の居住地の今一つの特徴として指摘されるのは「首都圏のかなり遠方から通う生徒もいる」である。ただ、現在開成校自身が広報している結果から推察するに、それは全然多数派ではない。だとすれば、いちばんしっくりくる「推測」というのは、「開成に合格する生徒は首都圏の全域に広く分布しているが、入学決定後にある程度まとまった割合で遠方の生徒たちは学校の周辺地域に転居する」というものになろう。「開成の生徒に下町の居住者が多い」という、聞いたような聞かないような風説や先の事務長の談話を説明できる推測の有力候補だろう。

ただそれは繰り返しになるが述べると、「麻布の生徒は山の手の居住者が多く、開成の生徒は下町の居住者が多い」という形にはなっていないのだ。なぜなら、開成にも「麻布の生徒が多い地域(山の手)」の居住者もある程度以上いるからだ。ただそれが地域的にまとまった形ではなく、そこに「法則性」も見いだしにくいだけだ。そして「下町が多い」といっても「常磐線沿線千葉」ほどに多いわけではないだろう。まとめると、こうだ。開成が東大合格者数で日本一になるかならないかという時代までなら、「麻布の多い地域と開成の多い地域で住み分けていた」と言えるのかもしれない。だが開成が東大合格者数で日本一が当然にはっきりとなってからは、「開成の生徒が多い地域」というのがそこまで際立った形で存在しているとは言いにくくなったのだ。「開成と麻布とで生徒の居住地域が住み分けている」という言い方はミスリードなのである。

「東大に入るような生徒は地域格差に気づきにくい」

東大に多数合格するような首都圏の学校の男子生徒には、地域格差というものに気づきにくい構造的な要因がある、と思う。それは学校ごとに「居住地の分布のしかた」が異なっているということだ。普通に考えると「学校に近い地域に生徒が多く、遠い地域に生徒が少ない」と思うだろう。だがそう単純ではないのだ。大まかに三つのタイプに分けることができる。以下「合格者」の分布から推し量った話をする。以下に示すのは「略図」であり、合格者が多い地域を鉄道駅その他で代表させて表示してみたものだ。黄色は該当校の最寄り駅等になる。

武蔵と桐朋は、「学校に近い地域に合格者が多く、遠い地域に合格者が少ない」という傾向がある程度あてはまる(タイプ1)。なので、これらの学校の生徒は、「他の同レベル校も同じようになっているだろう」と思うだろう。だがそうではないのだ。

合格者分布:武蔵・桐朋

この傾向にある程度近いのは、栄光と浅野もそうだ。だが、栄光は大船で浅野は新子安であり、少し離れているにもかかわらず、両校の合格者の多い地域は相当重なってもいる。栄光も浅野も「学校に近い合格者が多い」という傾向は当てはまるのだが、同時に「栄光の多い地域は浅野も多い、浅野の多い地域は栄光も多い」というふうにも言えてしまう。(注:浅野は栄光の補足として集計したので、神奈川県からの合格者に限定して集計している)

合格者分布:浅野・栄光

この関係はさらに両者が遠い桐蔭と聖光のペアにも当てはまる。桐蔭は横浜市青葉区にあり、聖光は横浜市中区の山手駅周辺だ。だから、交通網的にはだいぶ離れている感じがする。その一つの根拠に、当時は、青葉区と横浜駅を直接つなぐ路線である横浜市営地下鉄は横浜駅より北には伸びていなかったことがあるだろう。だが、ここにも「桐蔭の多い地域は聖光もある程度多い、聖光の多い地域は桐蔭もある程度多い」が言えてしまう。そして先と少し違うのは、「聖光の多い地域は、聖光の近くというわけでもない」ことだ。要するに「桐蔭のある程度近くの地域が桐蔭も聖光も多い」というほうが実情に近いのだ。ただしここでつけ加えると、ここでの「近さ」は距離的なものだけでなく、交通網的な近さをも含んではいる。

合格者分布:桐蔭・聖光

これらと少し異なる分布なのが、筑波大附属駒場、駒場東邦、麻布そして学芸大附属である。学芸大附属は附属四校の合計値で見ることにする。この筑駒・駒場東邦・麻布・学芸大附属四校の四つはおおむね言って、合格者の居住地域がよく似ている。特に、筑駒と駒場東邦とは間違い探しができるほどに似ている。1960年代ならこれらの学校の合格者は「山の手に多い」という言い方も可能だったと思う。世田谷区・杉並区・目黒区といったあたりを中心とする「東京23区西部」の中核地域だ。だが、1980年代だとここに神奈川県が大幅に増えることになる。それは先の「桐蔭も聖光も多い、桐蔭に近い地域」とほぼ重なる。この「23区西部+神奈川北東部」という分布のタイプをタイプ2としておく。

合格者分布:筑駒・駒東・麻布・学大附

これらと全く異なるのが、開成、巣鴨、海城、そして筑波大附属の四校である。程度の差こそあるが、これらは、「生徒の居住地が広く分布しており、地域性をあまりもたない」ことが共通している(タイプ3)。例外は、開成の合格者が常磐線沿線千葉には固まって存在していることと、海城が少し「沿線」の影響が見られることだ。だが、全体としてみて、この四校は「特定の居住地に多いか否かという認識では捉えにくい」学校だということになるだろう。

合格者分布:海城・筑付・開成・巣鴨

これらを、「一人で何校合格しようとも、一人分として集計」することで、「ある程度以上合格している公立小学校」を選択し、その集計で得た上位地域が下の図になる。神奈川県の特に横浜駅以西がおそらく実際よりも少なく出ているだろう事情により、上位地域は横浜駅より北東部で占められた。

合格者分布:合計

「学校に近い地域に合格者が多く、遠い地域に合格者が少ない」というタイプ1の認識は、武蔵や桐朋や栄光あたりに見られた傾向でもあり、いちばん素朴な認識でもある。しかし少なくとも、武蔵に関してはこの素朴な認識は転倒したものだ。武蔵の場合は、むしろ「難関中学合格者が近隣に多く出そうな地域」に学校を設立したと見たほうが良い。桐朋や栄光の場合も、それ単独だと言いづらいが、都立や県立の名門のクニタチ高校や湘南高校が近隣にあるのだから、それとの足し合わせで考えれば同じ関係があてはまるはずだ。これらの学校は、「学校の地域の近くから合格者がたくさん生まれている地域密着型」のように思えるが、事実は反対に考えたほうが良くて、つまり、「難関中学・高校に進学しそうな層」が多いに決まっている地域に設立した学校にほかならないのだ。そういう学校たちのなかで、そのような進学熱心層の集住している地域の比較的「端っこ」の側に作った学校が「地域密着型」になる、というだけのことなのだ。

そして、そのような進学熱心地域の比較的「ど真ん中」に作ると、麻布や筑駒や駒東や桐蔭のようになる。それだけのことなのだ。

横浜市青葉区に代表されるような、郊外の進学熱心で平均寿命も高いような地域は、それこそ平均寿命などを算出し比較するような場面以外では、あまり知られていなかった。この原因的な事情にはいくつか考えられる。一つには1994年になるまで「青葉区」という区分自体が存在しなかった事情があるが、さらにその背景まで言えば、そもそも横浜市や川崎市を区名で分類する習慣自体があまり無かったことにもある。筆者が調査対象とした「合格者名簿」もむろんそうであり、横浜市や川崎市の合格者を区名で分類はほぼ全くしていなかった。出身小学校名から区を割り出したのは筆者であり、名簿の編集者ではなかった。東京23区だと区で表記し認識するが、横浜や川崎だと表記も認識もしない(表記すると他より長くなってしまう)、この状態が「実態としては格差がすでに固定していた」時期になってもまだ続いており行政区分もそれに見合ったものになっていなかった、という事情が、まずある。

1983年以降のテレビドラマ「金曜日の妻たちへ」が原因的に影響することによって多摩田園都市が高級住宅街化した、というふうに思っている人もいるだろうが、それもまた郊外格差の知られなさの一つの表われである。事実はむしろ反対に、そのようなドラマが放映されている時期の中学受験ではすでに難関校に合格者を多数送り込む住宅街になっていた。だがその事実は大して知られていなかった。なのでドラマが何かの影響を及ぼしたとしても、それはすでに高級住宅街化していた青葉区(という名前もなかった)地域をさらにもっともっと高級住宅街として有名にしたのに過ぎない。この知られなさは前記した柏市の知られなさとも並行的でもある。ただし多摩田園都市に関して言えば、笠井潔『三匹の猿』や法月綸太郎『頼子のために』といったミステリ作品によって、高学歴志向の強い高級住宅街であることはそれでも90年代にはある程度知られていた。知られていなかったのは、「他の何と比べるのがふさわしいのか」という比較する相手のほうであった。2010年代になる少し前頃に出版された、東浩紀・北田暁大『東京から考える 格差・郊外・ナショナリズム』(amazon)、東浩紀・北田暁大・編『思想地図 vol.3 特集・アーキテクチャ』(amazon)での談話等で、多摩田園都市は、「田園調布」や「成城」あるいは「西荻窪」や「下北沢」と比較されるようになり、それでようやくふさわしいポジションを得たことになる。つまり、「どちらも同じくらいの所得や学歴の者が住む場所であるが、その両者でどう違うか」というふうに前提されあるいは語られるようになったのである。

首都圏の高学歴者が多く住む地域という話題は、「戦前の状態」のままであれば比較的容易なものであった。つまり明治以降形成されてきた「山の手/下町」の区分で語れば良かった。その枠組が通用した時代には、「高学歴者がある特定の居住地に住みがちである」という話題は、ある程度は自明のものであった。ただ、当事者の多くは自明すぎて気づかなかったかもしれない。また、開成校のようにそれへの「例外」であるかもしれない学校が進学校として抬頭してきたりもした。この場合も「例外」として扱えば良かった。だが、「戦後の高度成長」以降の時代には、その認識枠組では追いつかないほどに現実のほうが変化していた。その変化というのは、「それまであった状態」に付け加えるような形での変化、「山の手が膨張する」形での変化が主であった。だが、その事態の全体像を把握できる情報をもつ者はほとんどいなかった。あるいは、それだけでなく、「行政区分」のほうが追いついておらず、その地理状態を表す「行政区分名」もまだ完備されていなかった。そのため、「人々の記憶」にもその行政区分名との対応が残りにくかった。

また、人はえてして「同レベルのなかでの違い」に目が留まりやすくなる。たとえば東大と早慶とを比較して、「早慶なんか大したことないよ、入試問題の品質が悪いよ」などというふうに言いたくなりがちなのだ。あるいは、「多摩田園都市なんて本当の高級住宅街じゃないよ」とか、「中央線沿線の杉並区は、井の頭線沿線の杉並区に比べると品が悪いよ」とか、「練馬区なんて世田谷区に比べれば大したことないよ」とか、そういう違いである。多摩田園都市や柏が「高級化」していた時代というのは、その辺が微妙であった。一方では、そのような「同レベルの中での差異化競争」が盛んであった。他方それにとどまらず、「そういう差異化競争をすること自体もまた論評の対象になる」時代でもあった。ただ泉麻人『東京23区物語』(amazon)やその続編では、「この地域は高級であるという自意識にとらわれた人」と「この地域は庶民的であるという自意識にとらわれた人」「この地域は庶民的であるという自意識をもたない人」はそれぞれ恰好の「笑いの対象」になったが、「この地域は高級であるという自意識をもたない人」だけは特に笑いの対象にはならなかった。まあ、別にならなくても良いのだが、要はそのような空隙を突いたかのようにして、「高学歴者が自分自身の時代・環境での地域格差を正確には認識できなかった」事態が表われてきたとも言えるのである。その認識の補正を2010年代になって「地域ごとの平均寿命」という尺度でもって今行なっている最中である、というわけだ。そのようにまとめておこう。

補足:なぜ練馬区の学校に麹町地域からたくさん合格していたのか

一つだけ、筆者が重要だと思う情報を別のページから転記して、補足しておく。それは東京都千代田区の「麹町署」管轄域に居住している受験生の間で1980年代に、なぜ港区にある麻布中学ではなくて、練馬区にある武蔵中学の合格者がきわだって多かったのか、という点に関してである。

麻布中学が発行所になっている『論集』(1982年3月発行)という文集を筆者は偶然のいきさつで所有している。公開されている文化祭で一般客に配布していたもののようである。さてこの文集のなかのいくつかの記載事項を一瞥してみると、上記の理由が見当がついてくる。「倫理社会」の授業をふまえた生徒の作文のなかに、以下のような箇所がある。

第二次大戦後、天皇は日本の“象徴”となった。僕はこの処置に甚だ疑問を持っている。何故、戦犯として裁いてしまわなかったのであろうか。
ぼくは、近い将来、現天皇裕仁の死に興味津々である、と言っては失礼だが、しかしその時の国民の反応、ジャーナリズムの姿勢に民主主義の中に於ける天皇制の矛盾がはっきり表われると思うからだ。裕仁の死こそ、現代日本の天皇を明確に位置づけ、大きな疑問を投げかけてくれるだろう。
意識している段階では、僕は天皇を神と思いたくないらしい。一人前の〝人間〟として扱う傾向があるようだ。だから、天皇は国民の象徴という役で、言わば日本人の犠牲になっているので可哀想だとも思うし、大した事もしないでメシはタダで食えるし、家族は学習院に入学できるし、悪い野郎だ、とも思う。

この箇所を読めば「千代田区に住むような人」である保護者が見れば「自分の子供は自由な学校に進学させたいが、しかし麻布中学だけは避けたい!」と思うケースが続出することは想像に難くない。天皇制に反対する者がわざわざ千代田区に住むことを選択するとは思えないからだ、そこにあっただろう「開成は問題外だが、麻布も絶対回避したい!」という、そのような考えの保護者層が(千代田区在住者に限らず)当時、群をなして志望しがちだったのが武蔵中学であった、と見たい。そのため特に1980年代では東大合格者数で麻布高校のことを、卒業生数が半数強程度の武蔵高校が抜く年次すらあった、という流れになったのではないかと推察できる。また、この文集発行より以前ではあるが「四谷大塚進学教室の1位が開成に行き、2位~9位までが一斉に武蔵に行った」学年すらあったと噂されるのも、噂の真偽は不明だが、同じような背景をもつ話だろう。

ともかくこの文集の存在と内容が受験生の保護者に周知されること、およびこの文集に見られるような諸傾向が他にもさまざまに作動することで、回り回って当時の中学受験の勢力図を部分的に規定していたであろうことを、筆者は確信している。その点だけ、どうしても付記したかった。