音声動画「戦後レジームに対する「アリの一穴」となるか・日米合同委員会議事録の情報公開訴訟の持つ意味」での使用語彙・語句のメモ

日本語音声聞き取りの困難についての、気まぐれメモシリーズ。音声動画「戦後レジームに対する「アリの一穴」となるか・日米合同委員会議事録の情報公開訴訟の持つ意味」は、専門用語や少し高度な語彙を適度に使っており、また適度に早口だったり聞き取りにくかったりする。その点で、この音声が聞き取れるかどうかは「実践的」な訓練になりうるだろう。ただし異常に早口な箇所は聞かせる意図がないと思えるので、そういう箇所はさすがに無視して良いと思う。

筆者の主観で、「自分より少し語彙力が劣り、自分より少しこの話題に疎い人」だとこの音声のスピードで聴いたときに、「一瞬ひっかかる」だろうな、と思える箇所をリストアップしてみた。ひっかかる原因が語彙の「難易度」にある場合もあれば、音声のほうが早口だったり不明瞭だったりする場合もある。また、導入なしに突然専門的な語彙が使われる場合もある。

丁寧に記録する手間はかけたくないので、時系列を追って単に羅列していくことにする。

  • 発効:「発行」ではない
  • 不開示:「深い」「不快」から後続するのではない
  • 妥当:「打倒」ではない
  • 行政救済
  • 安全保障:「保証」ではない
  • 非開示
  • 05.18の辺り微妙に聞き取れず
  • 外形的:「概形的」ではない
  • ニュー山王ホテル:「乳酸の」ではない:大森山王でもない
  • 治外法権:「違い」ほうけん、ではない
  • 中枢
  • 条約ゆえに
  • 細目
  • 別精算
  • 各省
  • 享受:「教授」ではない
  • 施政権:「市政権」ではない
  • 脅威になる:「驚異になる」ではない
  • 日米間の信義:「日米間の審議」ではない
  • 弁論
  • 統治行為論
  • 孫崎享(まごさきうける)
  • 反しない
  • 呼応する
  • 整合性
  • 官庁
  • 軽微な:「警備な」ではない
  • 発足
  • 世界戦略
  • 米軍経費
  • ありうべき
  • 遵守(順守)
  • 居たい:「痛い」ではない
  • 対峙した人:「退治した人」ではない
  • 閣僚
  • 平常な人(?)
  • 次官コース
  • 法務行政
  • 唯々諾々
  • 体現する
  • 別途
  • 政界
  • 官界
  • 解説委員とか論説委員とか(?)
  • 役人を制御できる
  • 民意が表明され
  • 厳然たるものがある
  • 検事総長
  • 戦勝国
  • 交戦権:「抗戦権」ではない
  • 水際での
  • 行使
  • 片務性:「偏無性」ではない
  • 左右しつづける
  • 堅持する:「検事する」ではない
  • 忠誠を誓う
  • 駐留経費
  • 重武装中立化
  • 対米隷属型
  • リビジョニスト
  • トラックレコード
  • 容認できない
  • 対米従属
  • 国粋的
  • 鼓舞できる
  • 括弧つき
  • 構造的な問題
  • 行政官庁
  • マスコミ人:「マスコミ陣」ではない
  • 次官になる
  • 国賠訴訟
  • 戦績
  • かかるごとき問題
  • 法体系:「包帯」から後続するわけではない
  • 狂気の沙汰
  • 体制派
  • 係争中
  • パージされて
  • ナショナルアーカイブス
  • 密約
  • 公文書館
  • マイク・モチヅキ
  • 代替案があれば:「大体が合えば」ではない
  • 予算や人事の最適化を
  • ベイシックな
  • 力の源泉
  • リーガルコネクション
  • 権力基盤
  • 法解釈の問題:「崩壊」から後続するわけではない
  • 慧眼たるや
  • 予定調和で
  • 道理
  • 立身出世に障る
  • アーキテクチュア
  • 不逮捕特権
  • 合法化
  • 影響力の行使
  • 権力源泉にする
  • 新九条
  • 安保法制
  • 図式
  • 同盟調整メカニズム
  • 実務者
  • この協議:「この競技」ではない
  • 抗う
  • 由々しき事態
  • 戦後レジーム
  • マッチングのいい
  • シビリアン
  • 権力の行使
  • ゲバルト
  • 軍幹部
  • 連綿と
  • 自律的に
  • 弁論で
  • 重武装中立
  • 文民統制
  • オーダーを上げる(??) 52.25辺り
  • 尊厳に障る
  • 法曹界:「放送界」ではない
  • 安全保障に資する
  • 貫徹する
  • 二クラス=ルーマン
  • 私淑している
  • 社会システム理論家
  • 経営体
  • アドミニストレーション
  • 公式組織
  • 参照される
  • 組織の作動は
  • 組織体に及ぶ
  • ストラクチャー